マンションの耐震性

マンションの耐震性について

耐震診断がきちんとしよう

耐震診断がきちんとなされているマンションは安心です。近年、偽装問題が多く取りざたされていますが、その結果、どの業者も神経質になっています。つまり、安全であることをきちんと証明しようとしています。また、偽装があればそれがきちんと公表されるような流れになりました。したがって、耐震診断結果がきちんと公表されていて、問題がないとされているマンションは、地震が来ても倒壊する心配はありません。ただ、それが適切になされているかどうかは問題がありますので、それが行われているかだけをチェックするのではなく、きちんとした手続きによって評価されたのかも調べるようにしましょう。

マンションの耐震性を調べる方法

住んでいるマンションの耐震性を調べるには、まず不動産業者に話を聞きに行きます。住宅性能表示と言われている基準があるので、住人であると教えれば丁寧に答えてくれるはずです。この際の基準は等級3が最高なので、判断の基準にすると良いです。マンションが築何年経過しているか調べると、耐震性を調べることにつながります。1995年の阪神大震災以前の物件なら心配するのもわかります。ただ、それ以降の物件は国が審査を厳重にしたことから、かなり強固な物件が多いです。そのため、不安に感じた時は築何年かについて不動産業者に聞いてみましょう。

↑PAGE TOP