耐震構造のマンション

耐震構造のマンションがいい

耐震構造のあるマンションとは

基本的に1981年以降に建てられたマンションは耐震構造になっています。震度6から7程度の地震でも人命が損なわれるような作りになっています。また建物が震度5強の地震に遭った場合でも損傷を生じないとされます。例えば阪神淡路大震災の時は不適格建築物はほとんど倒壊していますが1981年の新耐震基準を採用している所は大きな被害はありませんでした。その為基準を満たしたマンションも倒壊しない作りになっている為大きな被害は出ませんでした。しかし揺れる事の課題があるため揺れを押さえる事で室内家具による被害を減らす免震構造のシステムも取り入れる方向になっています。

耐震構造の家に住むこと

ほとんどの人はマンションを選ぶとき、生活の利便性や間取りの良さを優先します。毎日生活するためには、生活に必要なスーパーや銀行が近いことはとても大切です。ライフスタイルに合った間取りであることもかかせません。他に重要なことは耐震がどれほどなされているかです。地震がおこるかどうかわからないから、気にしないという人もいます。マンションは高さがあるため、振動によるダメージを受けやすい建物です。対策がしっかりされていることで、安心して暮らすことができます。いつ起こるかわからないからこそ、備えておきたいものです。

↑PAGE TOP